高齢者施設向け

高齢者施設向けのイメージ

補助金が活用できる多数の高齢者施設さまより、本発電機設置工事費のお見積りをお受けしています。

高齢者施設のうち、認知症高齢者グループホーム等(定員29人以下の小規模特別養護老人ホーム、小規模介護老人保健施設、小規模ケアハウス、小規模介護医療院、小規模養護老人ホーム、認知症高齢者グループホーム、小規模多機能型居宅介護事業所 等)では定額補助となっており、国の予算規模にもよりますが、自己負担がゼロの場合もございます(交付金の申請先は地元自治体となりますが、本補助金は全額、国の予算となっているのが特徴です)。

その他の高齢者施設(特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、軽費老人ホーム、養護老人ホーム、介護医療院)では、補助は国と自治体が共同で行い、自己負担は25%となっています。この場合、自治体が予算化していない場合には、本補助金は活用できません。

有料老人ホームの場合には、既に消防設備、エレベータ、水道ポンプ向けにディーゼル式の自家用発電機が導入されていますが、燃料タンクの制約もあり電力が確保できる時間は3時間程度が大半です。

情報ネットワーク機器やサーバー、照明など、72時間以上もたせたい重要な設備には、本発電機を追加設置されることをお勧めしています。

関連ページ:高齢者施設等向け導入補助金 LPガス災害バルク等の導入補助金

お電話での受付(土日祝祭日を除く9時~17時)
0120-350-353