モータースポーツ界で有名な林義正先生が開発

林先生
林先生

メーカーの開発責任者は、モータースポーツの世界で有名な林先生。

林先生は、日産自動車の開発エンジニアとして数々の賞を受賞。

モータースポーツを担当してからも、米国デイトナ24時間レースで記録を樹立して優勝するなど、日産の黄金期を築きました。

その後、東海大学の教授に転身してからは、「学生と一緒にル・マン24時間耐久レースに参戦する」と宣言し、夢を実現。

「スピリッツ オブ ルマン」を受賞しました。

そして、2011年の東日本大震災。
林先生はゼロベースで、災害に強い発電機の開発に乗り出しました。

まず、災害に強い燃料は何か?
軽油、ガソリン、水素・・・
選んだのは災害に強いとされるLPガス。

こうしてLPガスを燃料とし、ゼロベースで発電用に開発されたのが、水冷式単気筒エンジンです。

レーシングエンジン開発のDNAを引き継がれた発電用の専用エンジンが完成しました。

林義正先生のプロフィール


日産自動車の開発エンジニアとして数々の賞を受賞。
モータースポーツを担当してからも、米国デイトナ24時間レースで記録を樹立して優勝するなど、日産の黄金期を築く。
その後、東海大学の教授に転身してからは、「学生と一緒にル・マン24時間耐久レースに参戦する」と宣言し、夢を実現。
現在は、メーカー(一般社団法人 日本陸用内燃機関協会正会員)の技術最高顧問として最新鋭のLPガス発電機の開発に従事。
主な受賞歴にSpirit of Le Mans Trophy、科学技術庁長官賞、日本機械学会賞、自動車技術会賞などがある。

専門雑誌のインタビュー記事及び著書には以下がある。

  • 専門雑誌「Motor Fan」にインタビュー多数
  • 自動車工学の基礎理論―エンジン・シャシー・走行性能(2019年)
  • 乗用車用ガソリンエンジン入門(2018年)
  • ル・マン24時間 闘いの真実(2013年)
  • 林教授に訊く「クルマの肝」(2006年)
  • レーシングエンジンの徹底研究(2002年)
  • 世界最高のレーシングカーをつくる(2002年)
  • エンジンチューニングを科学する(1998年)
  • レース用NAエンジンー高性能技術の徹底研究(1993年)

お電話での受付(土日祝祭日を除く9時~17時)
03-5476-3557
03-5476-3489
080-6733-3489